急な出費には消費者金融をうまく利用しましょう

急に2、3万円くらいのお金が必要になってしまった時の金策方法として、それくらいであれば周りの人に借りるという手がありますが、ちょうど貸してくれるような人がいない場合や、人から借金をすることには躊躇してしまう場合もあると思います。

そのような時には、消費者金融が役に立ちます。
現在ではネットを利用して申込みを行えるところがほとんどで、いつどこからでも携帯電話やスマホが1台あれば申込むことができます。

午前中などの早い時間に申込みが行えた場合、銀行振込で即日融資を受けることが可能です。遅くなってしまった場合でも、申込み後に審査が終わったという連絡を受けてからその会社の自動契約機を利用すると、その場でキャッシング用のカードを発行できます。

また、消費者金融は土日や祝日でも営業を行っています。そのような日でも、自動契約機からカードを受け取れば即日キャッシングが可能です。このカードは全国のコンビニなどの各種の提携先のATMで利用することができます。

消費者金融からお金を借りた場合、どうしても利息が発生しますが、この利息は日割りで計算されるので、早く返してしまえばそれほどの金額にはなりません。一般的な消費者金融で3万円の借入れを行った場合、1日当たりの利息は14円です。

人から借金をすると、場合によっては人間関係に響いてしまうこともあります。その点、消費者金融であれば、そのようなことは一切気にせずに借入れが行えます。

数万円単位の借入れなら、どこかに勤務をしている人であれば、審査で落とされることはまずありません。
急な出費の対策として、この消費者金融を利用することも方法の1つとして考えてみてください。

借金は人間関係を悪化させるタネとなります

私の両親はお金に厳格な人で、人からお金を借りる事も、人にお金を貸す事もしていませんでした。
そんな両親の元で私は育ちましたから、私も両親と同じようにお金の貸し借りはしないと決めていたのです。
しかしある時友人が、ギャンブルで借金をして、その借金が返せないからと、私にお金を貸してほしいと頼んできました。
私は友人と言えどもお金は貸さないと決めていたので、一度は断りました。
ですが断った後も、友人は二度三度と私の元を訪れ、お金を貸してくれないかと頼み込んで来たのです。
段々何度もお金を貸してほしいと頼みに来る友人の事が不憫に思えて来てしまい、私は仕方なく友人にお金を貸したのです。
しかしこの後も友人は何度もお金を貸してほしいと頼みに来たので、一度貸してしまった以上断わる事も出来ず、私は友人にお金を貸し続けました。
それであっという間に友人に貸したお金が100万円を超えてしまい、私は友人に貸したお金を返してほしいと頼みました。
そしたら後で返す後で返すの一点張りで、中々返してくれなかったのです。
ですがもうこれ以上待てなかった私は、弁護士に相談してみると友人に言って、返済を急がせたのです。
するとやっと友人は渋々ながら貸したお金を全額返してくれ、私はほっとしました。
しかしこれ以降友人は私の前に姿を現さなくなり、友人関係は終わりを迎えたのです。
この事があってから、やはりお金の貸し借りはしない方が良いんだなと、身を持って理解しました。

消費者金融やカードローンから借金する時について

消費者金融やカードローンを利用して借金をする時には少し注意すべき事があります。
それは一体何かというと場合によっては借り入れの申し込みをしても審査に通らない事がある点です。

でも意外と多くの人は消費者金融やカードローンを利用する際に審査に通らない事はまずないと思っているかと思います。確かにそういう風に思ってしまうのはある意味普通の事だと思います。

ですが、実際にはかなり消費者金融やカードローンを利用して借金をする際には割とシビアな審査があって審査に通らない人は通らないです。

その中でも特に多くの人が意外に感じるのが自分がちゃんと定職に就いていて収入があるにもかかわらず審査に通らない場合だと思います。

確かにこの場合に何で審査に通らないのかと思ってしまうかと思いますがそういう場合でも審査に通らない明確な理由があります。

それは大抵過去に借金の踏み倒しやクレジットカードの料金の支払いの遅延や携帯電話の支払いをしなかった場合等にそういう事があります。

そういう時にいくら安定した職業に就いていたとしても借り入れの審査に落ちる事があるので
そういう事があるという事を知っておく必要はあると思います。

そうしないと何で借入審査に落ちたか分からない事も多いと思います。

借金するときは節度を持って計画的に返済しよう

今の時代は誰に取っても、借金はとても身近な問題だといえます。一生のうちで全く借金しない人はまずいないと言って過言ではありません。カーローンや住宅ローンや奨学金など、適切に利用すればとても理性が高くて有用な借金も沢山あります。また最近はキャッシングや銀行カードローンなど、個人向け融資サービスが好評です。昔はサラ金による多重債務が社会問題になった時代もありました。でも今は金利も以前よりかなり抑えられて利用しやすくなっています。
インターネットが普及するようになってからは、ネットキャッシングがを利用する人がとても多くなりました。何しろ店舗に出向かなくても、パソコンやスマホがあれば24時間いつでも好きなときに申込できます。審査や契約手続きも全てネットだけでできるので本当に手軽です。また正社員に限らず一定の条件を満たせば、アルバイト学生やパートの主婦でも気軽にキャッシングが利用できます。現代では借金はもはや暗いイメージはなくなって、カジュアルで便利な金融サービスという感覚で借金する人が増えているように思われます。ただどんなに便利で利用しやすくなったとしても、借金であることに違いはありません。なので利用する際には、あくまで節度を守って計画的な返済を心がけることが大切だといえます。

借金返済に関して

たくさんの人たちが借金を抱えている現状ですが、当然、生活費のために消費者金融などからお金の借り入れをすることもあるはずです。生活をしていくためにはお金がいりますし、様々な生活必需品を購入しなければならないので、そのためのお金が必要になりますよね。

しかし、生活が苦しくなり生活費が枯渇してしまうこともしばしばあるのではないでしょうか?そのような場合、金融機関にお金を借りて借金をする方々も少なくありません。

お金を借りればそれを返さなくてならないので、借金生活を余儀なくされますよね?中には借りたお金をなかなか返済できずに困っている人もたくさんいますし、やはり、借金をすれば、一筋縄ではいかないと思います。

もちろん、プラン通りにちゃんと返済している人々もいますし、借金の返済もそこまで苦にならない方もいると思いますが、多くの方は借金の返済に苦しんでいるでしょう。

消費者金融は金利も決して安くないですし、滞納したり延滞をしないようにしなければなりません。借金の返済というのはすごく大変です。思うように返済していけない方たちも多いので、借金の申し込みをする際には、返済できる金額にしておくのがいいのでないでしょうか。借金返済は容易ではないのです。

金の切れ目は縁の切れ目

皆様も『金の切れは縁の切れ目』なんて言葉を一度は耳にしたことあるのではないでしょうか?私自身も実際に何度もこの言葉通りの経験をしてきました。
一番多いのは友人との金の貸し借りです。私が借金をする分にはキッチリしっかり返済や期日を伝えて行うのですが、どうも貸す側になると相手方はそうしてくれない方が多いです。あまりにもそういった友人が多くて、そういうのが当たり前なのかなと思ってしまうぐらい、金に関してルーズな人たちばかりです。そんな友人とのこ貸し借りで最も許せないのが、、なかなかお金を私に返さないくせに、SNSでお金を使うような投稿をしていることです。「今日は○○に行ってきました~!とてもおいしかったです!」などとSNSで見た日には、そんなことできるならまずは金を返せと思ってしまって非常に腹が立つ事例です。こういった人間はおそらく借金をしているという自覚すらないのだと思います。こういったSNSの投稿などを指摘しても、「ああ、ごめん」と軽く言われて終わりというのが非常に多いです。こういう金のルーズな人とは、今後のお付き合いでも必ず嫌なことが起きるのは間違いないので、なんとか回収だけ仕切って縁を切るというのが一番の流れです。早めに見切りをつけれたと思えば、回収できなくてもよい勉強料と思うことができます。
あとは私、個人的にはカードローンで悩んだことがあります。リボ払いが流行りはじめたころ、ガッツリとリボ払いをしてしまいました。あれも立派な借金なので気をつけなきゃいけないと思いますね。

借金を増やし過ぎないようにする方法。

借金をする目的は人それぞれですが、今後の収入の状況を考えて計画的に考える必要があります。お金を借りる目的は今後の生活につながるように責任をもって考え、金銭感覚を麻痺して使い過ぎないように考える必要があります。
借金を増やし過ぎる原因は多重債務を繰り返すケースが多く、金銭感覚を麻痺するために起きやすいために利息を確かめて収支のバランスを考えて使うことを心がけることが大事です。多重債務はお金を簡単に借りれると認識しやすく、収入の状況と照らしあわせて今後の金銭計画を立てると計画的に使えます。
借金は増え続けると収入が追いつかなくなる危険性があり、返済を放棄して残高が増え続けて取り返しがつかないことになるため必要に応じて弁護士に相談して解決する糸口をつかむ必要があります。お金を借りる時は今後の収入の状況を確かめ、正しく計画的に返済ができるように考えることが重要です。
借金を増やし過ぎないようにする方法は収支のバランスを考えて正しく使うことを心がけ、キャッシングなどは利息が高く金銭感覚を麻痺しないように心がける必要があります。お金を借りる時は浪費癖があれば借りすぎてしまうことが多く、責任を持って今後の目的を考えて使う方法が望ましいです。

旅行先などで人々を助けている事がある借金

借金という言葉は、なぜか世間的には余り良いイメージを持たれていないようです。その言葉を聞くと、なぜかネガティブな感覚を抱く方が多いのですね。恐らく取り立てなどが、主な原因だと考えられます。確かに業者によっては、不法な取り立てを行っている事もあるので気をつけた方が良いでしょう。
しかし借金は、実際は必要なのですね。なぜならそれは、人々を助けている事もあるからです。
では具体的にはどのような局面で助けているかと申しますと、例えばお金を落としてしまったような時です。それもかなり悪いタイミングで、落としてしまっている時ですね。
旅行などは、案外とそのような事例が多いようです。旅行先でお金を落としてしまえば、帰郷する時の旅費が無くなってしまう事も多々あります。もちろんそれでは、大変困ってしまうでしょう。
ところがその旅行で、借金が助けてくれる事があるのです。というのも旅行先にも、お金を借りる事ができる会社の店舗が見られるのですね。いわゆるATMなどは、旅行先にも多く設置されているでしょう。そこでお金を借りて、難局を乗り越えている方々も珍しくありません。
ですのでやはり借金は、必要なものだと思います。ただ借りているお金なのですから、もちろん返すことは必要ですね。返す事さえ怠らなければ、とても良いものだとは思う次第です。

借金が払えない時は精神的にかなりきつかった・・・

私は学生の時に奨学金を借りたのですが、返済するのにとても苦労をしました。
当時学費を払うのが困難なこともあり200万円を借りました。
しかしながら、私は卒業後に就職することができずに、フリーターとなってしまったために、奨学金の返済が度々滞ることがありました。
毎月の返済額が24000円ほどだったのですが、私にとっての24000円というのはかなりきつく、毎月返済していくのがとても大変でした。
もし就職ができていて安定した収入があったのなら、返済するのにもそこまでは苦労しなかったかもしれませんが、フリーターとして働いていた私にとっては一苦労でした。
借金払えない時には自宅に返済の督促状が届き、精神的にもかなりきつかったです。
よく支払えなくて次の月まで繰り越してもらうこともありました。
それでも何とか今まで支払ってきたこともあり、今年で返済が終わる予定なので少し安堵な気持ちです。
お金が必要な時は借りることがありますが、借金を返すのは私が予想していた以上に大変でした。
ただ、奨学金で金利の少ないこともあったこと、サラ金などのように高金利ではなかったのがまだ救いだったかもしれません。
もし、サラ金にでも借りていたら私は返済できていなかったかもしれないです。

ある種の病気のようになっていました。

借金をして怖いなと思ったのは、また借金すれば良いかと思ってしまう事です。
初めの頃は借金をする事に対して少し後ろめたい気持ちがあったのですが、繰り返していくうちにそんなものはまったく無くなってしまいました。
タバコを切れ目なく吸い続ける人と同じ感じでしょうか、常に借金している事が当たり前なのでその結果どうだとか、将来的にどうなるとかそういったものがまったく考えられなくなってしまうのです。

そのうち借金に対して肯定的な意見ばかり集めるようになります。
自分を正当化して、誰に何を言われても言い返せるようにです。
こうなるともう病気のようなものだと思います。
私もそうでした。
残念ながら誰の意見も聞く事はありませんでした。
その結果、少しでもお金が必要になるとすぐ借金しました。
我慢するという事が出来なくなっていたのだと思います。
それから依存症のようなものも入っていたのだと思います。
買い物する事でストレスが解消される人がいるように、私の場合は借金する事で何故かストレスが解消されていました。

幸い私は途中でこれらの症状を脱する事が出来ました。
きっかけは大した事ではないのですが、生活が変わった事で刺激になりそれらの状態から案外あっさり脱しました。
ですが、もしあの時変われなかったら、今もあのまま無駄に借金をしていたと思うと怖いです。